経年劣化で傷んだ鳥居の改修工事を行わせていただきました。

2017年4月27日(木曜日)

p9090650

こんにちは!宮田建築 五代目大工の宮田尚幸です。

突然なんですが、神社の鳥居と言えば赤く塗られていますが、これってどうして赤色なの?と疑問に思ったことありませんか。

17990853_1503292049743608_6385861825914839406_n

ん~日本の国旗の色だから?

というのは不正解で、古くより赤色は火や太陽。それに生命を表す色とされてきました。

17992270_1503291936410286_2633874639395056797_n

それと同時に、悪霊や災厄を払う力があると考えられ、神社の入口にある鳥居にこの赤色を使うことで、悪霊が侵入するのを防いでいるのです。

ほか、赤色の顔料となる朱は水銀を原材料としていて、昔から木材の防腐剤として使われてきたといいますから、なんとも実用的な面でのメリットもあったのですね!

18118615_1503292109743602_8979831105491768627_n

ということで、今回はなんと雨風にさらされ、経年劣化で傷んだ鳥居の改修工事を行わせていただきました。

今までグラついていた柱部分は新しくコンクリートで根巻きして頑丈に防腐塗料で色付けして完成です!

朱色が映えます!石やコンクリート造りならもっと長持ちするんでしょうが…メンテナンスしつつ、長持ちしますように。

そして、ご利益がありますように。。。

こんな感じで作業やらせていただきました。

 

 

神社、お寺の改修もぜひ宮田建築にお任せください。

大工仕事が得意です!五代目 宮田尚幸がお客様にお気に召していただけるよう ”魂こめて” 施工いたします。

DSC_0536

桑名市の大工がつくる新築・増改築・リフォームの工務店

宮田建築のロゴ